産み分け 女の子 食べ物

MENU

女の子を産み分けたい夫婦におすすめの食べ物

日々の食事は、妊娠をすること自体にも重要となります。
しっかりと食事を取っていなければ排卵障害などが起こり、産み分け以前に妊娠自体が難しくなる場合も。

 

女の子を産み分けたい場合の男性におすすめの食べ物

女の子を産み分けたい場合には、大きく分けて男性がアルカリ性食品である野菜や果物です。
アルカリ性食品は、

 

  • ピーマン
  • じゃがいも
  • 海藻
  • 乳製品

 

等です。

 

女の子を産み分けたい場合の女性におすすめの食べ物

女性が酸性食品である肉類を摂取すると良いとされています。
酸性食品は、

 

  • トマト
  • ほうれん草、
  • ミカ

 

等です。

 

 

この様に食材を選ぶことによって、体の中を酸性もしくはアルカリ性にすることで女の子を産み分けられる確率が上がると言われています。

 

いつから産み分けのための食事を意識すればいいか?

精子は、造られてから射精までの期間は約3か月です。そのため、産み分けのための性行為をする3か月前から食事に気を使う必要があるのです。

 

健康的な食生活は、動きの活発な精子を作る事に繋がります。

 

産み分けと食事制限は医学的な根拠はない

しかし、実は食事制限を行った際の産み分けに関してはデータが無く、関連付けもされていないのです。
医学的な根拠もなく、都市伝説の様なものです。

 

酸性、アルカリ性と、体全体がどちらか一方に偏るという事自体、人間の体にとって非常に危険な状況です。
産み分けをする以前に、体調を崩すことになるでしょう。

 

バランスのいい食事で健康な体を維持

体が健康でなければ、性行為も妊娠や出産も出来ません。
健康を考え、バランスの良い食事を取ることが大切です。

 

産み分けのためにと、好みではない食品を無理矢理摂取する必要はありません。

 

偏ってしまう食事より産み分けグッズの利用が効果的

偏った食品ばかりを摂取するという方法ではなく、女性の膣内を酸性に保つことには効果が期待できるとされています。産み分けゼリーなどは、その代表となる商品です。

 

性行為のタイミングや方法の工夫

また、排卵日の2日前に性交渉をする、射精の位置を浅くするなどの方法は関係があるとされています。
食品ではなく、産み分けグッズの利用や性行為の方法を変えるなどを試してみることがおすすめです。

 

産み分け 女の子