産み分け 女の子 パーコール法

MENU

パーコール法で女の子の産み分けは可能?費用やデメリットって?

パーコール法は、人工授精で行う産み分け方法です。
パーコール法は、自宅で行う産み分け方法とは異なり、不妊治療の一環として病院で行われます。

 

パーコール法による産み分けの確率

パーコール法による産み分けの確率は70%ほどではと言われています。
しかし、この数字は正確なデータを元に算出されたものではなく、インターネット上で多く言われている数字でしかありません。

 

必ずしも産み分けに成功するわけではない

正確なデータは公表されておらず、産み分けが100%成功することはないという認識は必ず持っておくべきであると考えられます。

パーコール法の料金

パーコール法は病院ごとに費用が異なり、1回20,000円〜50,000円と大きく差があるのです。保険適応外であるため、費用が掛かる点がデメリットであると言えます。

 

通常の人工授精よりも費用が掛かることも念頭に、パーコール法を行うかどうかを判断しましょう。

 

パーコール法は妊娠率を下げる!?

また、パーコール法では女の子の精子であるX精子のみを取りだして人工授精を行います。そのため、通常の人工授精時の精子よりも注入量が少なくなり、約半分となってしまいます。

 

これにより、妊娠自体の確率が低くなります。
どうしても女の子でなければならないという特別な事情がない限り、通常の人工授精の方が良いでしょう。

 

人工授精による女の子の産み分けはパーコール法のみ

しかし、何らかの事情により自然妊娠が困難である場合には、人工授精を用いて子供を授かることになります。人工授精の中で女の子を産み分ける場合には、現在パーコール法以外の方法は存在しません。

 

人工授精での妊娠が必要で女の子が欲しい夫婦にとって、パーコール法は非常にメリットのある方法であるという見方も出来るのです。

 

病院によってはパーコール法を行ってない場合も

人工授精や不妊治療前には、通院予定のクリニックに関してしっかりと情報収集を行いましょう。
不妊治療を行うにあたり、数か月間の検査期間が必要となります。

 

パーコール法に対応していないことが分かり、転院することになると検査に使った期間が無駄になってしまうのです。不妊治療を行う場合には、人工授精が必要となった場合に備えてパーコール法に対応している病院かどうかを確認してから来院しましょう。

 

産み分け 女の子