産み分け 女の子 お酢

MENU

女の子を産み分けたい場合にお酢を飲むといいって本当?

女の子を産み分けたい時に、‘お酢を飲むと良い’という話があります。
これは、実際のお酢を飲用するという意味ではありません。

 

女の子の精子が受精しやすいよう、女性の膣内を酸性にするという意味なのです。

 

膣内にお酢を入れて酸性の状態に

膣内に酢水を入れることで、直接的に膣内を酸性にするという方法です。精子には性別を分ける2種類の精子が存在します。女の子の精子と呼ばれるX精子と、男の子の精子と呼ばれるY精子です。

 

お酢の働きでY精子の活動を弱める

Y精子は酸性に弱いと言われており、Y精子の活動を弱くさせるためにお酢が効果的であると言われているものです。産み分けに用いられているのは、Y精子の活動を弱くさせるものが一般的です。

 

お酢を使った産み分けはあまり実践的ではない

しかし、男女ともに抵抗を感じる方法であり、実践する夫婦はほとんど居ないようです。お酢には添加物なども含まれているため、おすすめできる方法でもありません。

 

抵抗があるが故に、飲むことでも効果があるのではと思いたいという風潮から‘お酢を飲む’という表現がされてしまっているようです。

 

膣内を酸性にするならお酢よりもピンクゼリーがおすすめ

産み分けに関しては、病院で相談が出来る場合もあります。しかし、保険適応外となるため料金が高額になる可能性があります。

 

自宅で手軽に膣内を酸性にするのであれば、お酢よりも安全な、市販されている産み分けゼリーを使用することがおすすめです。女の子を産み分けるためのセックス以外には使用する必要はありません。

 

排卵日の2日前にセックスをすることが効果的であるとされているため、ゼリーを使用しなければならない回数は非常に少なく、抵抗なく使用できるのではないでしょうか。

 

お酢を飲むと産み分けの効果はあるの?

お酢を口から飲むだけでは、女の子を産み分けられる確率に変化は起こりません。
口から入れたお酢は、膣内の酸に影響を与えることは無いためです。

 

お酢を飲むと、内臓脂肪の減少・血圧低下・血糖値を正常に保つなどの健康に良い効果は期待できます。体質によっては胃腸に負担が掛かるなどの副作用もあるため注意が必要です。

 

お酢を飲んで健康な体に

一般的にお酢は健康に良いとされています。
健康な体は妊娠するということにも繋がるため、飲んでおいても損はないのかも知れませんね。

 

産み分け 女の子