産み分け 女の子 乳酸菌

MENU

乳酸菌を摂取すると女の子を産み分けしやすくなるの?

乳酸菌を摂取するだけで女の子を産み分けることが出来るのであれば、非常に簡単な方法で実践もしやすいと考えられますね。

 

産み分け,女の子,乳酸菌

 

あまり知られていない方法のようです。
乳酸菌は、主にサプリメントから摂取をすることがおすすめです。

 

乳酸菌とは、腸内の環境維持や改善などに使用されるというイメージが強いものです。サプリメントも多数販売されていますが、一般的に産み分けに効果があるとして販売されているものではありません。

 

それでは、何故乳酸菌が女の子の産み分けに効果的であるとされているのでしょうか。

 

乳酸菌による産み分けの効果

これは、医学的な根拠がある方法なのです。乳酸菌の中にも種類がありますが、ビフィズス菌やガセリ菌は腸内環境に関連するものであり、女の子の産み分けには無関係です。

 

飲んだとしても腸内環境は整いますが産み分けに効果はありません。体の健康は妊娠自体に関わることではあるため、摂取しておいても良いとも言えます。

 

アシドフィルス菌が女の子の産み分けに効果

女の子の産み分けに関わるのは、乳酸菌の中でも‘アシドフィルス菌’と呼ばれる種類の乳酸菌が女の子の産み分けに効果が期待出来るものです。

 

もともと膣内はアルカリ性が強く、酸性に強くアルカリ性に弱い女の子の精子であるX精子は膣内で長く生きることが出来ません。
そのため、女の子を産み分ける場合には膣内を酸性にする必要があるのです。

 

アシドフィルス菌を摂取し続けることで、膣内が酸性に変化する傾向がある事から、X精子が通常よりも長くとどまることが出来ます。
膣内の状態を変化させることによって、受精しやすい状態にするということです。

 

ビオフェルミンにも産み分けの効果があるのでは?

乳酸菌サプリで有名なのがビオフェルミンではないでしょうか。
人にはヒトの乳酸菌のフレーズを耳にする人も多いと思いますが、ヒト由来の乳酸菌であり、整腸効果が期待されてますね。

 

もちろんビオフェルミンにも女の子の産み分けのポイントになるアシドフィルス菌が配合されています。
つまりビオフェルミンを摂取し続けることで、女の子が産み分けしやすい酸性の膣内環境に近づけることは可能だと言えるでしょう。

 

もちろんビオフェルミンを含む、乳酸菌サプリは産み分け目的の商品ではない点は忘れてはいけません。そのため効果を必ずしも実感できるとも言い切れません。

 

クランベリーが女の子を産み分ける効果が期待!?

クランベリーは美容によく摂取される酸味がある果実で抗酸化作用が期待できます。
PHを酸性に傾ける効果があり、乳酸菌と同じように女の子が産み分けしやすい環境に近づけてくれると考えられています。

 

クランベリーには酸性物質が豊富

クランベリーにはキナ酸、プロアントシアニジンと呼ばれる酸性物質のポリフェノールが豊富に含まれているため、女の子の産み分けに必要になってくる酸性の膣内へとコントロールしてくれるというわけです。

 

クランベリーの摂取するタイミング

クランベリーが産み分けに効果が期待できるからといって基本的に生で摂取するのは難しいため、サプリで補給するのが一般的。生理開始〜排卵日が過ぎる期間だけ飲むようにすればOKです。

 

乳酸菌を摂取すれば女の子を産み分けられる確率は上がる

この様に、アシドフィルス菌を摂取することによって女の子を産み分けられる確率は上がります。

 

しかし、男の子の精子であるY精子をすべて排除するという働きがある訳では無いため、100%の確率で女の子を産み分けられるわけではありません。

 

サプリメントを服用しても男の子が産まれる可能性も十分にあるという事を念頭に、乳酸菌を取り入れるようにしましょう。

 

産み分け 女の子