産み分け 女の子 コーヒー

MENU

女の子を産み分けたいならコーヒーはダメ?カフェインの摂取を控える方がいいの?

女の子の産み分けをしたいと考える方は、様々な産み分け方法を調べ、実践してみようと試みることもあるかと思います。しかし、少々面倒であったり確実ではない等の理由から諦めてしまう方も多いのです。

 

産み分けに‘多少左右する’という程度のものに、コーヒーの摂取というものがあります。

 

女の子を産み分けたいと考えてるのであれば男性は意識的にコーヒーやカフェインの摂取を控えるのは有効な産み分け方法だと言えます。

 

男性は性行為前にコーヒーを飲まない方がいい

特に男性は、性行為の30分前にカフェインを摂取してしまうと男の子の精子と言われるY精子が活発になります。
そのため、産み分けとしては男の子になる確率が高くなってしまうのです。

 

X精子が活発になり女の子が産まれにくくなる

精子の特徴として、男の子の精子であるY精子は、アルカリ性に強く、射精後約1日で死んでしまいます。しかし、女の子の精子であるX精子よりも数は多いです。

 

女の子の精子であるX精子は、酸性に強いという特徴があります。動きが遅いため、射精後3日程の寿命であると言われています。

 

コーヒー意外のカフェインも控えるべき

女の子を産み分ける場合には、コーヒーだけではないカフェインの摂取に注意が必要です。

 

  • 栄養ドリンク
  • コーラ
  • ココア
  • ウーロン茶

 

などのお茶などの飲み物にはカフェインが含まれているため、飲まないようにしましょう。また、チョコレートなど様々なものに含まれているため、口に入れるものには注意が必要なのです。

 

あくまでも過剰に摂取しない気持ち

子作りをする予定の日には、朝からカフェインの摂取を控えるようにしましょう。しかし、様々なものに含まれているため難しいものでもあります。

 

あくまでも過剰にカフェインを摂取しないように意識するほうがストレスなく実践できるのではないでしょうか。

 

カフェインを控えるのと一緒に産み分けの方法を取り入れる

そのため、産み分けゼリーなどの商品を併用するなどの方法が有効であると言えるでしょう。産み分けに成功したという事例では、カフェインの摂取を控えることに加えて、様々な産み分け方法を取り入れているようです。

 

コーヒーを飲まなければ女の子が産み分けできるわけではない

様々な方法を取り入れたとしても、確実に女の子の産み分けが成功するわけでは無いことだけは意識をしておきましょう。

 

しかし、産み分けの確率を上げるためには、1つだけではなく産み分け方法や産み分けゼリーなどの商品も試してみる価値はあるのではないでしょうか。

 

産み分け 女の子