hcg注射 産み分け 女の子

MENU

hcg注射による女の子の産み分けって可能なの?

病院での産み分けでは、hcg注射を使用して受精のタイミングを操作することで産み分けを行うという方法があります。

 

女の子を産み分けたい場合、男の子よりも産み分けられる確率は高いとされています。
hcg注射とは一体どのようなものなのでしょうか。聞き慣れない方も多いはずです。

 

hcg注射で排卵を促進させる

主に不妊治療に使用されるhcg注射は、排卵を促進し高温期を維持するものです。
不妊には様々な原因が挙げられますが、排卵障害による不妊が最も多いとされています。
hcg注射は、卵胞が生成されている限り、99%排卵を期待出来るものです。

 

hcg注射で女の子の産み分けタイミングを作り出す

注射を打った後、36〜40時間以内に必ずと言って良いほど排卵が起こります。
女の子を産み分けるためには、排卵日の2日前が効果的であるとされています。

 

このタイミングを作り出すことが出来るため、hcg注射は産み分けに効果が期待できると言えるでしょう。

 

hcg注射によって産み分け成功確率

hcg注射を使用した場合、産み分けに成功し妊娠をする確率は20%であるとされています。これは自然妊娠と同じ数字です。

 

hcg注射は副作用の心配はない

デメリットとしては、hcg注射は筋肉注射であるために注射の際に痛みを伴います。
しかし、痛み意外には基本的に副作用などの危険もなく、安心して受けることが出来るのです。
生理周期が定まらず、排卵をしているタイミングを掴みにくいという方にはおすすめの方法です。

 

hcg注射すると妊娠検査薬で陽性反応になる

注意点としては、hcg注射は妊娠検査薬で陽性反応を示します。
hcg注射を売った後は、体が疑似妊娠をした状態になってしまうためです。

 

個人差はあるものの、hcg注射の効果は1週間から2週間程で抜けるため、妊娠検査を行う際には少し時間を置くようにしましょう。

 

hcg注射によって妊娠しやすい体質になる

hcg注射を使用した後は、妊娠しやすい状態になります。そのため、基礎体温が上がる、体のむくみ、だるさなどの症状が現れる場合があります。

 

排卵日特定は女の子の産み分けるなら大事

使用に関しては、病院での注射となるため産み分けゼリーよりもハードルは高いですね。
しかし、女の子の産み分けには排卵日の特定は不可欠です。そのためhcg注射は非常に効果が期待できると言えるでしょう。

 

産み分け 女の子