産み分け 女の子 排卵日

MENU

産み分けと排卵日は関係ある?女の子が欲しい場合のベストなタイミングは?

女の子の精子であるX精子は、男の子の精子であるY精子よりも寿命が長いことが特徴です。

 

そのため、排卵日よりも日にちが空いた方が良いのです。

 

排卵日に近い日である場合、Y精子が優勢になってしまうためです。そのため、女の子の産み分けには排卵日が深く関係すると言えるでしょう。

 

排卵日の2日前がおすすめ

Y精子の寿命は1日程度、X精子の寿命は長いとはいえ2〜3日程度であるため、排卵日が遠いと寿命が来てしまい効果が得られません。

 

一般的には排卵日の2日前程度が効果的であると言えます。

 

女の子の産み分けのタイミングは難しい

女の子を産み分ける場合には細かくタイミングを測らなければならないため、少々面倒な作業となります。

 

排卵日を詳しく知りたい場合には、産婦人科での検査・おりものの状態や体調の変化で見極める・生理周期から計算・基礎体温で調べる・排卵検査薬の使用という5つの方法があります。

 

産婦人科での検査

正確に調べるためには産婦人科での検査がおすすめです。排卵日の6日前から通院し、検査を行います。時間と費用が掛かりますが、確実に排卵日を知る事が出来るため受精が上手く行くと考えると効率的ではありますね。

 

排卵検査薬を使って自宅で排卵日を知る

費用も時間も掛けられないという方は、セルフ検査でも排卵日を知る事が可能です。産婦人科での検査ほど正確では無いものの、おすすめの方法は排卵検査薬の使用です。

 

ドラッグストア等で販売されており、気軽に購入することが可能です。

 

排卵検査薬の使用方法

尿をかけて判定線を確認するだけであるため、非常に簡単な方法でもあります。生理後1週間ほど経過した時点で、1日1回検査を行いましょう。排卵日の1日前には陽性反応が見られます。

 

排卵日の把握は産み分けには非常に重要

時には‘子供を産み分けようなんて’と、批判的な声が聞こえてしまう事もあるかも知れません。
しかし、可能であれば女の子が欲しいと思うことは、悪いことではありません。

 

女の子を産み分けられるよう、排卵日のチェックは欠かさずに行いましょう。加えて、産み分けに効果的な様々な方法を取り入れることによって成功率も上がるはずです。

 

産み分け 女の子