産み分け 女の子 朝

MENU

女の子の産み分けなら夜より朝の性行為がいいって本当?

女の子を産み分ける方法としては、昔から言われている都市伝説のようなものから医学的な根拠があるものまでざまざまです。

 

産み分け,女の子,朝

 

その中でも‘夜より朝の性行為がいい’というものは、都市伝説であると言えます。
医学的な根拠はないとされているのです。

 

朝の性行為がいいはウソ?

夜より朝の性行為が効果的であるという話が広まった理由は何でしょうか。

 

これは、朝一番の精子は濃度が高いという印象、女性も眠気により快感を得にくいという点で、膣内がアルカリ性になりにくく、女の子が出来るという話から広がったものと思われます。

 

朝だから女の子を産み分けやすくなるわけではない

女の子の産み分けに限らず、朝の性行為自体が妊娠に関連するという医学的な根拠もありません。
‘朝だから’という理由で精子の濃度に変化はありません。

 

快感を得にくいという点では、効果が期待できますが、これは朝ではなくても可能です。そのため、女の子を産み分けていという理由だけで、忙しくムードもない朝に無理やり性行為をする必要はありません。

 

中国では朝の性行為がいいとの話もある

しかし、中国の性医学では朝の性行為が妊娠以外の良い効果をもたらすという説もあります。
朝の性行為によって、人間の体には ‘オキシトシン’が分泌されます。

 

オキシトシンの効果により子宮収縮ホルモンが活発になります。

 

オキシトシンの分泌の働き

オキシトシンの分泌により、幸福感を得ることが出来、女性は肌がきれいになると言われているのです。

 

さらに、男性も活力が得られるなどの効果が期待できるとされています。夫婦仲が良くなり、精神的にも身体的にも健康に良い効果があるようです。

 

精子の量を減らす

基本的に、精子は男の子の精子であるY精子の方が多いものです。そのため、精子を溜めないようにすることでY精子全体の量を減らすという事が効果的です。

 

精子を薄くする目的の性行為

精子を薄める目的の性行為は必ず避妊具を使用します。また、排卵日の2日前に性行為を行った場合には、その後1週間程度は避妊具を使用しましょう。別日の精子が受精しないようにするためです。

 

クリニックでの産み分け相談を行う場合には、相談の1か月前から基礎体温を付けるようにし、夫婦で受診をするようにしましょう。

 

こちらも合わせて読まれてます♪

 

産み分け 女の子