産み分け 女の子

MENU

女の子の産み分ける確率を上げるためにすぐできる方法※ピンクゼリーがおすすめ

女の子を産み分けたい・・・

 

そう考える夫婦は少なくないと思います。
でも、生まれてきてくれる子供は男の子でも女の子でもうれしいですよね。

 

もちろん私だってそう思ってました。
でも一人目の出産を終え、今は男の子の子育てをしてます。

 

旦那とも話てそろそろ二人目を考えるようになったんですが、やっぱり次は女の子ができれば欲しいなという気持ちが強くなったんです。

 

当サイトにご訪問していただいたあなたもきっとできれば女の子を産みたいと考えてるはず。

 

産み分けできるのであればしたいと思ってるなら私が女の子を産み分けるためにいろいろ実践してみた方法を参考にしていただけたらなと思います。

 

↓皆がやってる女の子の産み分け方法NO.1↓

産み分け,女の子

 

私が試した女の子を産み分けるための方法

 

  • 性行為の時に手前に射精してもらう
  • お酢を飲む
  • ルイボスティーを飲んだ
  • コーヒーを飲まないようにした
  • 朝に性行為をするようにした
  • 産み分けゼリーを飲んでみた

 

ネット上で調べて女の子を産むためにできる方法はたぶんほとんど試しました。
でも産婦人科とか病院の治療が必要なものは避けてます。

 

体外受精やパーコール法とか、、

 

射精するときは浅く手間がいいみたい

女の子を産み分けるときにまず実践したのが、射精する位置を浅く手前にしてもらうってこと。
効果があるかどうかは置いといてなんとなく昔からよく聞く話だったし、すぐに実践できるなって思ったからですね。

 

もし女の子が欲しいんだったらやってみてもいいんじゃないかな。
お金もかからないし、なんだったら今日からできる女の子を産み分けの方法だと思うんです。

 

浅く、手前に射精すると本当に効果あるの?>>

 

お酢を飲むと女の子が産まれやすい!?

お酢が女の子の産み分けにいいといわれてますね。
でもお酢を飲むんじゃなくてお酢を使用して膣内を酸性にしようねってことなんです。

 

なので飲んでも女の子の産み分けには繋がらないんですね。
でも私はお酢を使った産み分けはどうしてもできまずに断念してしまいました。

 

お酢を飲めばいいって嘘?>>

 

ルイボスティーを飲むようにした

ルイボスティーって妊活のいい飲み物だと思ってました。
女の子を産み分けできるんだったら飲んでみようかなって思って、意識的に飲むようにしてました。

 

最近だとコンビニとかでも売ってるようですし、手軽な金額でできる産み分け方法かなと。

 

女の子を産み分けたいならコーヒーは禁止

コーヒーがダメっていうかカフェインをあまり摂取しないほうがいいみたい。
でもあくまでも過剰摂取はしないほうがいいという話だとは思うんだけでお、一応コーヒーは飲まないようにしました。

 

でもカフェインを摂取しないほうがいいのは女性ではなく男性側だったんですよね(笑)

 

男性はコーヒーやカフェインは控えるほうがいい?>>

 

夜より朝の性行為のほうが女の子を妊娠しやすい

一般的なイメージだと性行為は夜だと思うんですよ。
実際に私たちも夜に行ってましたし、この点は正直、無意識というべきでしょうか・・

 

まぁでも夜より朝の方が女の子を産み分けしやすいということでしたらやってみるしかないかなと。
旦那は仕事もあるし、大変そうでしたが(笑)

 

朝の性行為がいいって本当なの?>>

 

体外受精とかパーコール法とかはやってません

女の子を産み分けたいと思いながらも体外受精とかパーコール法とか産婦人科でやってる治療もあるよう。
ただ私にはできませんでした。

 

体外受精や顕微授精は日本の産婦人科では認められてないようですし。
高額なお金がかかるっていうのもそうですけど、なんか違うかなって。

 

産み分けゼリーで女の子を産み分けられると知った

産み分けゼリーって初めて聞いたんですが、私の中では1番ピーンときて最も効果があったんじゃないかなと。

 

産み分けゼリー(ピンクゼリー)を使用するようになって7ヶ月後くらいに妊娠が発覚。
ありがたいことに女の子を無事に授かることができました。

 

産み分けゼリー自体はまぁ安くはないんですが、女の子の産み分けの確率を上げれるのであれば払っていけるという値段。

 

おすすめの産み分けゼリー>>

 

あくまでも自宅で気軽にできる産み分けの方法を実践

私が実践した産み分けの方法はあくまでも自宅で簡単に気軽にできる方法ばかり。
無料でできるのにこしたことはないんですが、お金を払ってでもいいかなという気持ちで取り組んでました。

 

女の子を産み分けるためには染色体が重要

女の子、男の子を産み分けれるのかどうかってまずは性別が決まる仕組みを知っておくといいですね。
神秘の正解ではあるんですが、イメージはしやすいかなと。

 

男か女が決まるのは精子の染色体によるものなんです。

 

X染色体と受精すれば女の子

妊娠するためには精子と卵子が受精しないといけません。
ここまではきっと皆さん知ってること。

 

精子にはX染色体とY染色体の2種類の染色体が存在します。

 

  • 女の子は、X染色体と卵子が受精する
  • 男の子は、Y染色体と卵子が受精する

 

女の子を産み分けしたいのであれば精子のX染色体を受精させればいいわけなんです。

 

膣内を酸性にすると女の子を産み分けしやすくなる

女の子の産み分けを考えるんだったら、女性の膣内を酸性に保つ方法を考えればいいんです。
Y染色体は酸性の環境で長く生きれて、活発に活動する性質があるため。

 

逆に膣内がアルカリ性だとX染色体の活動は鈍くなっちゃうので女の子が産み分けしにくくなります。

 

ピンクゼリーは膣内を酸性にしてくれる

私がおすすめする産み分けゼリーなんですが、ピンクゼリーとグリーンゼリーの2種類があります。

 

女の子を産み分けしたいならピンクゼリーを使用するんですが、ピンクゼリーを使うと膣内が酸性に傾くんです。
産み分けゼリーは女性の膣内のphをコントロールする効果があるわけ。

 

その考えがあるんだったら産み分けの確率を上げる方法はやらないよりはやった方がいいんじゃないかなって私は思います。

 

でも女の子も男の子も自分の子供はやっぱりかわいいですね。

 

迷ったらピンクゼリーで産み分けするのはおすすめ

ネットで調べるだけでもいろんな産み分けの方法があると思うんですけど、迷ったらピンクゼリーを使った女の子の産み分け方法を試してみるのはおすすめです。

 

産み分け,女の子

 

産み分け方法ってちょっと迷信くさ〜い感じがする方法が多いと思うんですよね。
もしかしたら効果があるかもしれないけど、実際はどうなの?って。

 

ピンクゼリーは実績があり数字として残ってる

でもですよ。ピンクゼリーは実際に使ってみて女の子を産み分けできた確率が数字として残ってます。
何より、実績があるのはとても安心ですし、ピンクゼリーの仕組みを知れば女の子を産み分ける効果が期待できるのも分かる。

 

ピンクゼリーは迷信っぽい産み分け方法ではないんだろうなって思えるんです。

 

産み分けは100%はない

やっぱり覚悟しておかないといけないのは、産み分けには100%はないってことです。
産み分けゼリーでもなんでもそうですが、あくまでも産み分けの確率を上げてくれる方法に過ぎないと思ってます。

 

「これをしたら絶対に女の子を産み分けできる!!」

 

そんな魔法はないってこと。
少しでも確率を上げてくれる方法でしかないってわけです。

 

産み分けを望むならやらないよりはやった方がいい

産み分けに関してはいろんな意見があります。
でも女の子が絶対にほしいって思ってる人も事実たくさんいますよね。

 

女の子を産み分けに関するよくある質問

 

女の子を産み分けるのに禁欲が関係あるって本当なのか?

男性の禁欲期間をなくせば女の子の産み分けの確率が上がると言われてますが、根拠はありません。
禁欲することによってY染色体が増えてしまう説もあります。

 

ルイボスティーを飲むと女の子を産み分けしやすくなる?

ルイボスティーは産み分けには関係しません。
妊活中の飲むといい飲み物で不妊予防にはなりますが、産み分けには影響しないと思いましょう。

 

女の子を産み分けたいならストレスを感じればいいって実際は?

大学の研究結果に、不況後は女の子の出産率が上がるデータがあるそうです。
ストレスを人が感じるとストレスホルモン(コルチゾール)のレベルが上がり、コルチゾールレベルが高いと女の子を授かる確率が上がると言われてます。
ただ、原因はまだ解明されておらず、女の子を産み分けたいがためにストレスをため込むのはどうなのかという意見もあります。